電脳空間観測所(9)

ニュース遅報です・・・格安商品の紹介もたまにします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電脳空間観測所(9)

ザクケータイとは違うのだよ、ザクケータイとは

ガンダム、充電台に立つ!“ガンプラケータイ”「945SH G Ver.GP30th」
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1005/18/news032.html

ガンダムとのコラボレーション再び――。2007年に“シャア専用”ケータイ「913SH G TYPE-CHAR」を
発売したソフトバンクモバイルが、ガンプラ30周年を迎える再びバンダイとタッグを組んだ。

“ガンプラケータイ”「945SH G Ver.GP30th」はシャープの「945SH」をベースにしたハイペック
端末に、ほかでは手に入らないオリジナルのガンダムプラモデルと、ホワイトベースの
カタパルトを再現した専用充電台を同梱した“全部+ガンプラ入り”ケータイ。

回転2軸ボディに3.4インチフルワイドVGA対応のタッチパネルディスプレイを搭載し、HD動画の
撮影も可能な手ブレ補正/オートフォーカス付き12メガCCDカメラ、 HSDPA/HSPUAとケータイ
Wi-Fiによる高速通信、GPS、国際ローミング、おサイフケータイやワンセグなど、大気圏内最強
と言えるスペックは、コラボ端末とは思えない充実ぶり。さらに防水・防塵性能も持ち、
ジャブローなどの水回りや砂塵舞うテキサスコロニーでも安心して使うことができる。

ボディはRX-78-2号機をイメージさせるカラーリングが施されているが、そのままでは
“分かる人には分かる”というディティールにとどまっており、サイド6などの中立地帯
日常生活でもさり気なく使うことができる。しかし、ガンダムシールドをモチーフにした付属の
立体電池蓋やプレミアムデカールを使えば、世界に2つとない、自分だけのガンダムケータイとして
デコレーションを楽しむこともできる。また、待受画面や内蔵サウンド、絵文字、ピクトなどの
内蔵コンテンツもガンダムの世界観を持つものがプリセットされており、ハードもソフトも
“宇宙世紀”仕様に統一できる。

付属するガンプラは、ガンプラ30周年企画として初の1/100スケールモデル。全長180ミリの
ボディはガンプラ史上初という特殊メタルフレーム構造を採用しており、もちろんビームライフルや
シールド、バズーカなどの武器も付属する。さらに、組み上げたガンダムと端末をカタパルト
(充電台)にセットすると、端末ディスプレイからオリジナルコンテンツである特別ムービーが
流れるという、ファン垂涎の演出も用意されている。

945SH G Ver.GP30thは、数量限定で9月中旬以降の発売を予定しており、5月19日より
ソフトバンクモバイルのオンラインショップおよび全国のソフトバンク携帯電話取扱店にて
予約受付を開始する。

ガンプラケータイ 945SH G Ver.GP30th
http://live.mb.softbank.jp/mb/special/945SHG/


電脳空間観測所(9)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。