電脳空間観測所(9)

ニュース遅報です・・・格安商品の紹介もたまにします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電脳空間観測所(9)

【ゲンダイ】近頃テレビで「訂正」が多いのはな~んでだ

近頃テレビで「訂正」が多いのはな~んでだ

「訂正が多いよなあ」

 最近、テレビを見ていてこんなふうに感じている人も多いのでは。報道番組や情報番組の中でやたらと訂正が入るのだ。

 たとえば、12日午前放送のフジテレビ「知りたがり!」。他局のワイドショーをダイジェストするコーナーがあり、テレビ朝日のワイドショーがキリストの遺体を包んだ布「聖骸布」を取り上げたが、これを「知りたがり!」では「骸聖布」とやってしまって、MCの伊藤利尋が訂正。次に、イギリスのキャメロン新首相を紹介するコーナーで「43歳7カ月」を「47歳7カ月」とやって渡辺和洋が訂正した。

 これはほんの一例にすぎず、各局横並びだ。あまりに初歩的なミスが多すぎる。なぜ「訂正」が頻発しているのか。

「デジタル化でギリギリまで編集を行うようになったので、どうしてもチェックが甘くなるのが一因です。もっとも、それをカバーするだけのスタッフがいればチェックは可能ですが、制作費、人員の削減でスタッフそのものが減っている。少ない中で情報を迅速にたくさんとなれば間違いが増えて当たり前です」(テレビ関係者)

 間違ったら訂正すればいいと簡単に考えている連中も多い気がするが。

2010年5月17日発行の日刊ゲンダイより
http://news.livedoor.com/article/detail/4776145/



電脳空間観測所(9)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。