電脳空間観測所(9)

ニュース遅報です・・・格安商品の紹介もたまにします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電脳空間観測所(9)

「しっとり肌」保つたんぱく質を発見 皮膚のバリア機能に関与する温度センサー「TRPV4」の働きを解明/生理学研究所

「しっとり肌」保つたんぱく質を発見 研究所チーム 2010年5月23日11時0分

皮膚の表皮細胞同士をぴったりくっつけて水分の蒸発を防ぎ、「しっとり肌」を保つたんぱく質を、自然科学研究機構・生理学研究所のチームが突き止めた。温度を検知するセンサー役のたんぱく質がこうした「皮膚のバリア機能」も担っていた。冬の乾燥肌は、皮膚の温度低下でこのたんぱく質の働きが悪くなることも要因と考えられ、肌荒れや皮膚病の改善法の開発につながる可能性がある。

同研究所の曽我部隆彰助教、富永真琴教授らは温度センサーとして知られるたんぱく質「TRPV4」に注目し、このたんぱく質をもたないマウスを調べた。すると、皮膚の表面の細胞同士の結合が異常になってすき間ができ、皮膚からの水分蒸発が大幅に増えていた。

このたんぱく質にはカルシウムを細胞に取り込む働きもある。チームは、細胞に取り込まれたカルシウムが別のたんぱく質を介して細胞同士の結合にかかわっていることも突き止めた。成果は米専門誌に発表する。(瀬川茂子)

▽記事引用元
http://www.asahi.com/science/update/0521/OSK201005210051.html
asahi.com (http://www.asahi.com/)

▽ 関連リンク生理学研究所皮膚のかさつきを防ぐ温度センサーの働きを解明
http://www.nips.ac.jp/contents/release/entry/2010/05/post-123.html

電脳空間観測所(9)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。