電脳空間観測所(9)

ニュース遅報です・・・格安商品の紹介もたまにします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電脳空間観測所(9)

キム・ヨナ「採点ルールが変わる意味が分からない。高難度が高得点とかあり得ない」

韓国メディアが一斉に報道した内容によると、キム・ヨナ選手は現時点での
引退について否定し、トロントでグランプリシーズンに向けた練習を再開する意向を示した。

ただ、練習には復帰するが、大会出場については練習状況に応じて決めるそうだ。
また、4年後のソチオリンピックについては「現在は今シーズンのことだけ考えている。
遠い4年後のことはまだ考えていない」とし、これからはプレッシャーがないことを理由に
、競技を楽しむことを目標にし、さまざまなキャラクターに挑戦したいと競技に望む心境を語った。

一方、トリプルアクセルなど高難度技への採点システムを緩和したISUのルール改正案に
ついての質問では、「変わる理由が理解できない。ただルールが確定すれば、それに合わせて練習する
と答えており、「トリプルアクセルを飛ぶ選手に有利に改正される国際スケート連盟の規定について
遠まわしに不満を表した
」と伝えるメディアもみられる。

ISUは5月6日に公式ホームページを通じて今シーズンから適用されるフィギュアの採点改正案を発表した。
今回の改正案ではトリプルアクセルの基礎点の引き上げと回転不足の判定が大幅に緩和される見込みで、
韓国では浅田選手に有利な「浅田ルール」と不満の声があがっていた

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0601&f=national_0601_020.shtml



電脳空間観測所(9)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。