電脳空間観測所(9)

ニュース遅報です・・・格安商品の紹介もたまにします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電脳空間観測所(9)

サンディスクが10年以上使える新型高速SSD「G4」などを正式発表、HDDと交換可能

パソコンやデジタルカメラ、携帯電話などで広く用いられているSDHCメモリカードメモリースティックなどの「フラッシュメモリカード」でおなじみのサンディスク高耐久・長寿命SSD「SANDISK G3」の後継モデルとなる「G4」などを本日正式発表しました。

「G4」は記録容量が2倍になった上に、転送速度の高速化や10年以上利用できる高耐久性などを実現しており、「G3」同様に既存のパソコンに搭載された HDDと交換できるSSDとなっています。

詳細は以下から。
SANDISK DOUBLES CAPACITY AND IMPROVES PERFORMANCE OF ITS SSD PRODUCT LINES
http://www.sandisk.com/about-sandisk/press-room/press-releases/2010/2010-05-31-sandisk-doubles-capacity-and-improves-performance-of-its-ssd-product-lines

このプレスリリースによると、サンディスクはSSDの新製品として2.5インチHDDと同じ形状のSSD「G4」と、ネットブックやタブレット端末向けの SSDモジュール「P4」を発表したそうです。いずれのモデルも量産は2010年第3四半期に開始される予定

「G4」は32nmの製造プロセスを採用することで、前モデルとなる「G3」の2倍にあたる最大256GBの記録容量を実現しており、転送速度も「G3」の毎秒最大220MB(読み込み時)と毎秒最大120MB(書き込み時)から、毎秒最大220MB(読み込み時)と毎秒最大160MB(書き込み時)へ向上したとのこと。

また、「G4」の256GBモデルは、一般的なユーザーが1日あたりにSSDに書き込むデータ量を4GBとした場合、10年以上利用できる計算となる、およそ160TBの書き込みに対応できるように設計されているため、パソコンに搭載されているHDDと換装することで全体的なパフォーマンスの向上が見込めます。

そしてネットブックやタブレット端末向けSSDモジュールの最新モデルとなる「P4」についても、32nmの製造プロセスを採用することで、最大容量が従来の2倍にあたる128GBとなっており、前モデル同様に高速化技術「nCache」を採用することで、ランダム書き込み性能の向上や起動時間の短縮、フリーズの抑制などを実現しています。

ノートパソコンのパフォーマンスが落ちる理由として最も考えられるのがHDDの経年劣化で、実際にサンディスク社内で古いノートパソコンのHDDを「SANDISK G3」に入れ替えたところ、非常に満足のいく結果が出たとされていることを考えると、古いノートパソコンの有効活用法としてSSDへの換装を検討してみるのもいいかもしれません。

ソースはギガジン
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100601_sandisk_g4_p4/

参考
SSDの寿命は普通の使い方をしていればHDDと同等もしくはそれ以上の寿命がある
http://botchyworld.iinaa.net/ssd.htm

電脳空間観測所(9)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。