電脳空間観測所(9)

ニュース遅報です・・・格安商品の紹介もたまにします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電脳空間観測所(9)

飯島愛さんが死の直前まで執筆していた遺作が11日に発売/押井守氏がアドバイスし、監修を手掛けた

 08年12月24日に急死した元タレント飯島愛さん(享年36)が、死の直前まで書き続けた遺稿が、
Ball Boy & Bad Girl」(幻冬舎刊)として11日に発売されることになった。

Ball Boy & Bad Girl

Ball Boy & Bad Girl

価格:1,260円(税込、送料別)




 同作は、飯島さんがタレント活動を行っていた06年に、映像作家の押井守氏(58)との出会いがきっかけで始まった。
雑誌の対談企画で顔を合わせ、「アニメーターになりたい、弟子にしてほしい」と言いだした飯島さんに、
押井氏がアドバイスし、監修を手掛けることになった。

 その後、飯島さんは独特の言葉づかいで「本の原形」となる原稿を書き始め、押井氏に手渡していた。
だが、飯島さんは07年3月31日に引退。体調を崩して連絡も途絶えがちになった。
押井氏によると「引退後の彼女は疲れたレベルじゃなくて、立てないほど、ボロボロだった」という。
一方で、飯島さんは「メディアで演じる側じゃなく操作する側に回りたい
レズゲイで悩む子が増えている。世の中にうまくはまらない子たちを何とかしてあげたい」と打ち明けていた。

 そんな中で書き残した原稿には「何故この世界に、男と女が存在するのか」という飯島さんの気持ちが素直に描かれていた。
押井氏は飯島さんが抱いた疑問の「点」と「点」を結ぶように再構成して男女の性をテーマに絞り込んだ。
担当編集者は「実際の飯島さんは、とても繊細で。変だったら教えて、と何度も確認するほどでした」と語る。
今回の出版に際し、父和夫さんは「娘の希望をかなえてあげられてうれしいです」と話している。
突然の死からおよそ1年半。彼女の遺志がようやく物語となって完成した。

ソース:ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20100611-640147.html












電脳空間観測所(9)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。