電脳空間観測所(9)

ニュース遅報です・・・格安商品の紹介もたまにします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電脳空間観測所(9)

富野由悠季監督(68)、NHKドラマに出演 陸軍大将を演じる

 「機動戦士ガンダム」の“生みの親富野由悠季監督(68)が、ジャーナリスト鳥越俊太郎さん(70)、マンガ家の江川達也さん(49)ら計13人の文化人とドラマ「日本のいちばん長い夏」(NHK)に出演することが分かった。放送は7月31日、BSハイビジョンで午後8時~同9時50分。同ドラマは8月7日から全国ロードショーされるほか、出演者らが自身の父親の戦争体験などをどのように語り継いできたかなどを紹介する関連番組が7月11日に放送予定。

 同ドラマは、1963年に雑誌「文芸春秋」の編集者・半藤一利さんが主催して行われた終戦を語る座談会をドラマ化。迫水久常佐藤尚武富岡定俊今村均大岡昇平池部良ら、第二次世界大戦の終戦時に政府の中枢や陸海軍の要職にあった人物、中国や南方の前線にいた人物、沖縄戦東京の空襲を生き延びた人物ら28人が参加した座談会の様子を描き、ポツダム宣言発表後から終戦に至る昭和20年の“長い夏”を浮かび上がらせる。

 富野監督は、陸軍大将でラバウルに赴任していた今村均、鳥越さんは終戦時に陸軍中将・内閣総合計画局長官で御前会議にも出席した池田純久、江川さんはミャンマー(現ビルマ)に出兵した会田雄次を演じる。ほかにジャーナリストの田原総一朗さん、フリーアナウンサーの松平定知さん、作家の林望さん、国際弁護士の湯浅卓さん、落語家の立川らく朝さんらが出演している。

http://mantan-web.jp/2010/07/01/20100630dog00m200044000c.html

電脳空間観測所(9)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。