電脳空間観測所(9)

ニュース遅報です・・・格安商品の紹介もたまにします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電脳空間観測所(9)

【致死性ウイルス】 日本で再現 「28日後・・・」

ニホンザル44匹謎の死で隣接動物園困惑?

愛知県犬山市の京大霊長類研究所で飼育されていたニホンザル44匹が、
感染症とみられる謎の病気で死に、隣接する民間の「日本モンキーセンター」側が困惑している。

同センター付属サル類動物園の加藤章園長は17日、
「感染拡大防止のため、研究所のサルをどこか別の場所に隔離してほしい」と訴えた。

動物園には約300頭のニホンザルがいるが
「今後、園内で感染が確認された場合、殺処分も検討する」とした。

京大側の発表資料によると、
同研究所には13種類1216頭のサル類がいて、ニホンザルは790頭。
このうち、01~02年に6匹、08~10年に38匹が死んだという。

発症したサルには、鼻粘膜からの出血、
皮下出血斑(はん)などがみられ、血液内の血小板がゼロだった。
ただ、これまでの10年間で人間やほかのサルでの発症はないという。

加藤園長は「動物園の柵は二重だが、研究所の柵は一重で野生サルと柵越しに接触できるし、
研究所のサルが脱走し、動物園内に侵入したこともある」と説明。

謎の病気の原因がウイルスなら
「人にも感染するウイルスに変異する可能性もあり、早期の封じ込めが急務だ」としている。

http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20100718-654953.html

電脳空間観測所(9)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。