電脳空間観測所(9)

ニュース遅報です・・・格安商品の紹介もたまにします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電脳空間観測所(9)

日本のヤフーにグーグルが検索エンジン提供へ

 日本のインターネットサービス大手ヤフーと米ネット検索最大手グーグルが、検索事業を巡って提携する見通しになった。日本時間の27日午後にも発表する。検索事業の中核技術である検索エンジンを、グーグルがヤフーに提供する。日本の検索サービスのほとんどをグーグルの技術が占めることになる。

 日本のヤフーは今年3月末時点でソフトバンクが38.6%、米ヤフーが34.8%の株式を保有し、米ヤフーの開発した検索エンジンを採用している。しかし米ヤフーは昨年、米マイクロソフト(MS)と検索事業での提携を発表し、MSの検索エンジン「ビング」への切り替え作業を進めている。日本のヤフーはビングへの切り替えよりも、世界シェア首位のグーグルの検索エンジンを使った方が、サービス向上に有利と判断している模様だ。

 ヤフーは2001年から04年までグーグルの検索技術を採用していた。今回も当時と同様に、グーグルのエンジンを基盤とし、ヤフーが独自開発した日本語技術なども検索結果に反映されるよう手を加える可能性が高い。ヤフーはグーグルに対し、技術の使用料を支払うことになりそうだ

 ヤフーの利用者にとっては、膨大な資金と研究者をつぎ込んで世界最先端にあるグーグルの検索技術と、ヤフーの多様なネットサービスが組み合わされることで、サイトの使い勝手が高まることが期待できる。

 一方、日本の検索市場でヤフーとグーグルの合計シェアは9割に迫るとされる。どちらのサイトで検索しても検索結果が似通ったものになれば、情報の多様性が損なわれる懸念もある。

 グーグルとヤフー、MSの検索サービスは、検索した言葉に応じて表示するウェブページの順番がそれぞれ異なる。どのページが重要かを判断する検索エンジンの仕組みが異なっているためだ。グーグルはそのページに張られているリンクの量をより重視していると言われるが、各社は細かい仕組みを開示していない。

[朝日新聞]2010年7月27日13時9分
http://www.asahi.com/business/update/0727/TKY201007270232.html

電脳空間観測所(9)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。