電脳空間観測所(9)

ニュース遅報です・・・格安商品の紹介もたまにします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電脳空間観測所(9)

「最もショッキングな展開の映画」 1位シックス・センス、2位サイコ、3位ユージュアル・サスペクツ

思わぬどんでん返しやひねりの効いた展開で、最も観客にショックを与えた
映画を決める投票で、1999年の映画『シックス・センス』が第1位に輝いた。

死んだ人間の姿が見えてしまう少年と、彼のカウンセリングをする児童カウンセラーを
中心に進む『シックス・センス』は、その衝撃的なラストに誰もがショックを受けた
ホラー・サスペンスで、見事、堂々の1位を獲得。

2位は、アルフレッド・ヒッチコックの名作『サイコ』、3位にはケヴィン・スペイシーが
アカデミー助演男優賞を受賞した『ユージュアル・サスペクツ』がランクインした。

この投票は、ロバート・パティンソン主演の映画『リメンバー・ミー』(原題)の
DVDとブルーレイ発売を記念して行われたもの。

この作品は日本では劇場未公開だが、ストーリーには驚きの展開が隠されている。
残念ながら『リメンバー・ミー』(原題)はトップ10には入らなかったが、DVD発売元の
E1エンターテイメントのプロデューサーは、「観客が大きなショックを楽しんでいることは
明らかだし、『リメンバー・ミー』も、突然、刺激的な展開が現れるよ」と語っている。

http://www.cinematoday.jp/page/N0025835

電脳空間観測所(9)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。