電脳空間観測所(9)

ニュース遅報です・・・格安商品の紹介もたまにします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電脳空間観測所(9)

史上最強の「ギャグ漫画」ランキング

学生時代は友達とよく漫画の話をしたなぁ、と思う今日このごろ。大人になると漫画のことよりも仕事や恋愛などの話題が増えていきました(遠い目)。ところで、皆さんにとって史上最高のギャグ漫画ってなんですか?理由とともにアンケートしてみました。まずは5位から発表します。

【第5位】『天才バカボン』(18票)

・「バカ田大学卒業ってどんなだよって思う」(20代/女性)
・「あきれるほどバカバカしいところがすごい」(20代/女性)

赤塚不二夫さんの代表作であり、ギャグ漫画の金字塔、『天才バカボン』。コブス世代より少し前の時代の漫画ですが、今も根強い人気を誇っています。バカボンのパパの「これでいいのだ~」に、妙に励まされたことがある人も多いかも!

【第4位】『おぼっちゃまくん』(20票)

・「内容も画もすべて印象が強すぎて、忘れられない」(20代/女性)
・「発言といい動きといい、あの発想力を超える作品にいまだ出会えていない」(20代/女性)

言わずと知れた、小林よしのりさんの作品。アニメ化もされ、「さいならっきょ」、「ともだちんこ」、「すいま千円」などなどの茶魔語、はやりましたよね。いま、あらためて読み返してみると茶魔が想像以上にかわいかったです。

【第2位】『ピューと吹く!ジャガー』(21票)

・「シュール。絶対すべらないネタがちりばめられてる」(20代/女性)
・「初めて腹を抱えて笑った。偏った笑いがいい」(20代/男性)

同率で2位に選ばれたのは、「週刊少年ジャンプ」で連載中の、うすた京介さんのギャグ漫画。ストーリーを無視して(?)、淡々と進む独特のシュールさが支持されているようです。

【第2位】『行け!稲中卓球部』(21票)

・「前野最高! あんなにくだらなくて笑えて下品な漫画はありません」(20代/女性)
・「自分がギャグ漫画を好きになったきっかけの漫画だから」(30代/女性)

同じく2位は全13巻、古谷実さんの作品。稲中卓球部内で巻き起こるさまざまな珍事はとにかく面白くて、衝撃的。前野、井沢、田中のトリオに数多くの笑いをもらいました。田中大好き。

【第1位】『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』(24票)

・「あの独特の細い線で描かれるキャラクターの理不尽さが最高」(20代/男性)
・「シュールで笑いに徹した内容が面白い。マサルさんのエキセントリックさにはまった」(20代/女性)

こちらもうすた京介さんの作品。なんと、全7巻の単行本は700万部以上が売れたそうな。すごい人気ですね! 連載が終わって、ショックを受けた人も多そうです。

6 位以下では、『浦安鉄筋家族』(浜岡賢次) (16票)、『ギャグマンガ日和』(増田こうすけ) (12票)、『クレヨンしんちゃん』(臼井儀人) (11票)、『聖☆おにいさん』(中村光) (11票)、『ちびまる子ちゃん』(さくらももこ) (11票)などが票を集めました。

票がバラけて小差のランキングでしたが、名作ギャグ漫画たちが勢ぞろいしました。まだ読んでないものがありましたら、家のソファでお酒でも飲みながらギャグ漫画の世界に没頭してみるのもいいかもしれません。

http://news.livedoor.com/article/detail/4921672/

電脳空間観測所(9)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。