電脳空間観測所(9)

ニュース遅報です・・・格安商品の紹介もたまにします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電脳空間観測所(9)

冷房費の節約には日中の室温対策も重要

冷房費、エアコンと扇風機を併用

夏本番を前に過ごしにくい日が続くこの時期、冷房を使い始めた家庭も多いだろう。
「日経生活モニター」に登録する読者を対象に冷房費に関するアンケート調査を実施したところ、
何らかの節約術を実践しているとの回答は約5割(49.8%)だった。

具体策として多くの読者が挙げたのが「エアコンと扇風機の併用」だ。
東京都のパート・アルバイトの女性(47)は「エアコンと扇風機、サーキュレーター(空気循環器)を
併用している。エアコンの温度が高めでも十分に涼しい」。埼玉県の男性(74)は
「エアコンのない部屋には扇風機でエアコンを稼働させた部屋の空気を送っている」と話す。
「階段の最上段に小型扇風機を置いて空気をかき混ぜ、熱がこもらないようにしている」
(北海道の自営業の女性、 55)という人もいた。

「寝るときには氷枕を使い、エアコンの電気代を節約している」(愛知県の男性会社員、35)
といった具合に「氷枕を利用する」との声も多かった。静岡県の女性会社員(35)は
「水枕を使ったり、ぬらして冷凍庫で凍らせたタオルを首に巻いて寝たりする」。
氷枕や水枕がなくても「ケーキを買ったときなどにもらえる保冷剤をタオルで巻いて代用」
(徳島県のパート・アルバイトの女性、51)できるという。保冷剤を敷いて寝ているという
東京都の専業主婦(31)は「クーラーいらずだが、寝返りが打てないのが難点」とか。

冷房費の節約には日中の室温対策も重要なようだ。
神奈川県の女性会社員(28)は「夏場はガスを使う調理をなるべく避ける。
使う場合も短時間で済ます」ことで、室温が上がらないように注意している。
日光を遮るのも重要な対策の1つ。島根県の男性会社員(31)は
「窓から日が差し込まないようにすだれやよしずを利用している」。意外と利用者が多かったのは、
窓辺で植物を育てて遮光する「グリーンカーテン」。ゴーヤやキュウリなどを育てているという
群馬県の男性(63)は「冷房費の節約だけでなく、新鮮な野菜も手に入る。
たくさんできたゴーヤは近所に配ると喜んでもらえる」と副次効果に満足げだ。
http://www.nikkei.com/life/finance/article/

電脳空間観測所(9)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。