電脳空間観測所(9)

ニュース遅報です・・・格安商品の紹介もたまにします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電脳空間観測所(9)

【NHK】ダウンタウン・松本人志に長期密着 「プロフェッショナル 仕事の流儀」復活第1弾

 今年10月から再開するNHK人気ドキュメンタリー番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』の復活第1弾となる拡大スペシャルに、お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が出演することが19日、同スペシャル番組で発表された。出演交渉は昨年行われ、今年3月より密着を開始。左股関節唇損傷による休養期間中は撮影を見送ったが、今月18日からの仕事復帰に伴い再開させた。松本の長いキャリアのなかでも密着取材は極めて異例で、打ち合わせ風景や番組制作の裏側なども公開、“笑いのカリスマ”松本の笑いにかけるプロ魂が初めて明らかにされる。

 普段は語られることのない、松本のお笑い理論や仕事にかける情熱をNHKのカメラがとらえた。番組ディレクター・堤田健一郎氏は松本の第一印象を「すごくシャイな方で、人見知り」と語り「テレビでゲストに突っ込みを入れたり、切り込んだりするイメージとは違う」とそのギャップに驚きを隠せなかったという。インタビューなどを通して「常に新しいものを生み出そうとしていて、笑いへの向き合い方、真摯さ、突きつめ方がすごい」とお笑いにかける松本の姿が如実に浮き上がってきたと早くも手応えをみせる。

 番組再開にあたり、チーフプロデューサーの有吉伸人氏は「日本はプロフェッショナルの国。あまりテレビに出ないような大物を口説いて出演してもらい、本物のプロのすごさ、深さ、そして、プロの人たちでも悩んだりするというような等身大の姿を見せていきたい」と語気を強め、新スタイルでの放送に自信をのぞかせた。

 10月以降の放送では、番組本来の一流のプロの仕事を深く掘り下げるコンセプトはそのままに、スタジオトークをなくし、現場のドキュメンタリーに特化した新しいスタイルで展開。2006年1月より同番組の司会を務めていた脳科学者・茂木健一郎と住吉美紀アナウンサーはレギュラー出演せず、年末年始特番などに出演してインタビュアーを務める予定。

ソース:ORICON STYLE(オリコンスタイル)
http://www.oricon.co.jp/news/movie/79221/full/

松本人志の本当 NHK-BS



電脳空間観測所(9)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。