電脳空間観測所(9)

ニュース遅報です・・・格安商品の紹介もたまにします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電脳空間観測所(9)

富士フィルムがデジタル一眼並の写真を撮れる最強コンデジを開発

小型デジカメに一眼レフ並み機能 富士フイルム
12~15万円、来春発売
2010/9/20 02:06 日経新聞

富士フイルムはデジタル一眼レフ並みの撮影機能を持つ高級コンパクトデジタルカメラを開発した。一眼レフと同等の撮像素子を採用し、撮影直後の画像を光学ファインダー内に映す世界初の機能も装備する。2011年春に12万~15万円で製品化する。価格下落が激しく技術的な差異化が難しくなったコンパクト型で新領域を開拓、発売後1~2年で10万台の販売を目指す。

 開発した「FinePix X100」の有効画素数は1230万画素で、デジタル一眼レフと同サイズのCMOS(相補性金属酸化膜半導体)センサーを内蔵した。解像度にこだわった高級ガラスレンズを採用し、画像劣化を招くズーム機能は搭載しない。

 内蔵の小型液晶パネルで再生した撮影画像を、ファインダーをのぞいたまま確認できる機能を装備。現在のコンパクト型はファインダーがなく、背面の液晶モニターで構図を決めて画像を確認する仕様が主流。周囲の光の加減で見え方が違うため、撮影時の印象と仕上がった写真の風合いが異なる場合があった。

 コンパクト型は機種によっては価格が1万円台まで下がる一方、画素数や動画性能を巡る競争は一巡し、他社との違いを出すのが難しくなっている。富士フイルムが手掛けるのはコンパクト型だけで、10年3月期のデジカメ事業は営業赤字だった。高級機投入でブランド力を高め、新技術を他の機種にも展開する。
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819696E3E5E290E78DE3EBE2EBE0E2E3E2E2E2E2E2E2E2

Photokina 2010 : FujiFilm Finepix X100, tradition et innovation
http://www.zone-numerique.com/news_8361_Photokina_2010_FujiFilm_Finepix_X100_tradition_et_innovation.htm

電脳空間観測所(9)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。