電脳空間観測所(9)

ニュース遅報です・・・格安商品の紹介もたまにします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電脳空間観測所(9)

コーヒーは万能薬 肝臓悪い酒飲みや すい臓がんになる確率を大幅に下げる 10万人の日本人を大調査

朝の会議、昼食後のデスクワーク・・・瞼が重くなるとき、コーヒーを口にする人は多いのではないか。
そんなコーヒーには「飲みすぎると身体によくない」というイメージがある。ところが、コーヒーをよく飲む人は、がんになりにくいという研究結果が出たという。

「コーヒーを毎日飲む人は、ほとんど飲まない人と比べ、肝臓がんの発生率が約半分に減り、1日の摂取量が増えるほど、発生率が低下するというデータが示されました」こう話すのは、国立がん研究センターがん予防・検診研究センター予防研究部長の津金昌一郎氏(55歳)。
この度、対がん運動に功績のあった個人や団体を対象とする「朝日がん大賞」を受賞した人物だ。

たばこや、酒の飲み過ぎが体によくないことは誰でも知っているが、それらの嗜好品、食べ物や運動習慣が、がんの発生率にどの程度の影響を与えているのか。

まず、冒頭に紹介したコーヒーから。ほとんどコーヒーを飲まない人の肝臓がん発生率を1とすると、毎日1~2杯飲む人の発生率は0.52、毎日5杯以上飲む人は0.24だった。なぜ、コーヒーをよく飲んでいる人に肝臓がんが少ないのか。津金氏は次のように説明する。

また、コーヒーにはクロロゲン酸をはじめとする、多くの抗酸化物質が含まれており、これが肝臓のがん化を防ぐ方向に働いているという報告もある。さらに、インスリン抵抗性を改善することによってがん細胞の増殖を抑えるとも考えられています」
男性の場合、コーヒーを1日3杯以上飲む人は、すい臓がんにかかるリスクも4割下がる。さらに、女性の子宮体がんや大腸がんの予防にも効果があるというデータも存在する。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/1212

関連記事
コーヒーをたくさん飲む人は頭頸部ガンになりにくいと判明-愛知がんセンター
モー娘。OGが新ユニット結成! “アフタヌーン娘。”としてCM出演
実はポリフェノールが豊富!コーヒーの健康効果に注目
電脳空間観測所(9)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。