電脳空間観測所(9)

ニュース遅報です・・・格安商品の紹介もたまにします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電脳空間観測所(9)

しょこたんこと中川翔子が合コン体験を語る 「何もしゃべらないで携帯いじっていました」

人気アーティストの楽曲を映像化するケータイ音楽ドラマ「DOR@MO」シリーズの
10作目として製作され、ファンの熱い要望によって劇場公開することが決まった
映画『恋の正しい方法は本にも設計図にも載っていない』。

本作でドラマ初主演を飾ったしょこたんこと中川翔子がインタビューに応じ、
知られざる恋愛観について語った。

本格的な演技は本作が初めてというしょこたん。撮影のわずか1週間前に概要を聞かされ、
混乱しながらも「キ、キスシーンはないですよね?」と聞いたところ、あっさり「あります!」と言われ、
「ガーンッ!」と衝撃を受けたという。たった6日間の撮影だったが、「すごくテンパってしまって。
いろんなお仕事をしていますけど、ご飯を食べられなくなるなんて、初めてでしたね。
最後のシーンでは、最初のシーンから4kgぐらいやせていました」と主演女優として
緊張とプレッシャーにさらされた日々を振り返った。

そんなしょこたんが演じたのは、何より本が大好きで、建築や物理学など多種多様な
知識を持つ図書館司書の泉。人付き合いが苦手で恋愛とは距離を置いた、ある意味、
しょこたんのイメージと重なる部分もある役柄だったことから「わたしブログではテンション高いし、
そうでなきゃいけないとも思うんですけど、そうなったのってごく最近なんです。
それまでは、『どうせ自分なんか……』と思っていたし。今も本質は変わってないですけど、
だんだん明るくなれた。泉ちゃんを演じているうちにそういう自分を思い出して、
自然と泉ちゃんになっていった感じがします」と何よりもまず演じることが
役づくりにつながったと明かしてくれた。

しかし、建築家志望のネルと出会い、やがて自分の殻を破って大きな一歩を
踏み出そうとする泉とは対照的に、しょこたんに恋愛のイメージはあまりない。
「恋愛には臆病ですね。『自分は無理だ』って、一番ネガティブな部分が出てきちゃう」
と奥手そのもの。

好きなタイプは、「最近のマイブームはメガネを掛けた敬語男子、ですかね。
たまに男っぽい部分が見えると萌えます(笑)。ちょっとしたケガ萌えっていうのは
ずっと変わらないんですけど、筋肉質の人もいいなと思いますし、いちずな人がいいし……」
とあまり定まっていない様子。

それでも、ネルが泉を山奥の森に連れて行くデートのシーンを振り返り、
「あれはすごくすてき。ただ、わたしはインドア派なので、山よりも水族館や
遊園地がいいですね。好きな人と行けたらいいなと思います」というコメントからすると、
まったく恋愛願望がないわけでもなさそう。ちなみに泉とネルは合コンで出会うが、
しょこたん自身も合コンの経験があり、「むかーし、友達に連れられて行ったんですけど、
何もしゃべらないで携帯いじっていました。最低ですね(笑)」とあまり良い思い出ではないらしい。

とはいえ、「わたしも泉ちゃんに勇気をもらって、恋ってすてきな世界なんだなって
すごく勉強になりました」と泉を通して恋愛に対する新たな視点を手に入れた様子。
演技についても「楽しかったのでまたやりたいですね。いつかはスプラッターとか
特撮もやりたいです!」とにっこりほほ笑む姿は、これまでにない新たなしょこたんの
誕生を予感させた。泉のように、新たな一歩を踏み出すしょこたんの今後に期待したい。
http://www.cinematoday.jp/page/N0026962
電脳空間観測所(9)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。